★ 狙え音質向上!フランス製 Focal(フォーカル)スピーカー購入レビュー♪

ずっと気になっていたことが、この度、スッキリ!できました♪

実は今の愛車を購入する際、純正オーディオの再生音を確認せずに、納車前にフロントスピーカーFocal(フォーカル)2WAY コアキシャルスピーカー&ツイーターに交換してもらっていて、結構、その音に満足していたのですが、やはり、リアスピーカーを交換したらもっと良くなるんじゃないか、って思っていました・・・。

オーディオ沼と同じで、そう思うと夜も眠れません・・・・・www

販売店の担当者の方が、交換するならフロントスピーカーだけでも効果は十分で、フロントに比べると、リアスピーカーを交換しても、その効果はあまり大きくはないと思いますよ、とアドバイスを受けたこともあったのですが・・・。

ちなみにFocal(フォーカル)フランスハイエンドオーディオメーカー(ブランド)で、特にスピーカーの名門として、欧州だけではなく、日本のオーディオ愛好家の間での広く知られている有名メーカーです。

実際、自身のオーディオシステム用にFocal(フォーカル)のスピーカーを導入しようかと、何度か試聴したことはあるのですが、そのときは、デンマークのハイエンドスピーカーメーカーで知られるDYNAUDIO(ディナウディオ)のスピーカーを選びました。

ただ、Focal(フォーカル)のスピーカーは、なかなかの美音だったと記憶しています。

結局、我が家のオーディオシステムで使用しているスピーカーは、イギリスのB&W(Bowers & Wilkins)製ブックシェルフ型スピーカー、805 Diamond(ピアノブラック)と、同じくイギリスのQ AcousticsのConcept 20、そしてDYNAUDIO(ディナウディオ)のDM 2/7になります。

だからというわけでもないのですが、カースピーカーはホームスピーカーとは違うメーカー(ブランド)のものを試してみたい!という欲求に駆られ、フランス製 Focal(フォーカル)のスピーカーを選んでみました。

ちなみにフロントスピーカー用にセレクトしたのが、2WAY コアキシャルのスピーカーとツイーターがセットになっている「ISS 170」というモデルです。

FOCAL ISS 170

本当は純正スピーカーサイズの165mmを選ぶべきなのですが、170mmでも装着できそうだったので、というより、そのデザインに惹かれた・・・というのが正直なところです・・・(セットすればその姿は見れないのですが・・・・・)

本来なら「IS PSA 165」が推奨されているのかも知れませんが、結局、「ISS 170」でもきれいに装着できたので、良かったと思います♪

当初、ツイターはAピラーに付けなければならなくなるかもって言われたんですが、デフォルトのツイターが収められているダッシュボードに、うまく収まってくれたので、見た目にも問題なく、満足していました。

そして、音質についても、非常にクリアで、イメージしていたFocal(フォーカル)サウンドって感じで、とっても気に入りました♪替えて大正解です!

で、今回、リアスピーカーFocal(フォーカル)のスピーカーに替えることにしたのですが、一番の理由は、さらなる音質向上を目指す!ということなのですが、もうひとつは、今回購入を予定していた「IC PSA 165(2同軸スピーカー✕2)」がディスコンになる前に手に入れておかないと、ということでした。

FOCAL IC PSA 165

ただ、ディーラーで購入すると、それなりの価格になっているので、eBayで探してみることにしました。

その結果、ディーラーで購入するより1万円(送料含む)ほど安く手に入れることができました!ドイツの業者さんから購入したのですが、ポチってから1週間程度で届いたので、そのスピーディさにもビックリ!やはり航空便は早いですね。

そして、その浮いた1万円で、メタルダイキャスト製パイオニア carrozzeriaの「UD-K616」インナーバッフルを購入、さらにデッドニング用Amazon.co.jp限定の「エーモン 音楽計画 デッドニングキット スピーカー周辺簡単モデル 4800 制振材増量+内張りはがしセット」も事前に用意することにしました。

パイオニア carrozzeriaの「UD-K616」インナーバッフル

ちょうど、愛車のエンジンオイル交換の時期を迎えていたので、そのついでにリアスピーカーも交換することにしました。

いつものように友人のファクトリーに愛車を入庫させ、エンジンオイルが出切る間、早速、リアスピーカーを交換することに♪

ちなみに、交換後とのサウンドに違いを確認するために、純正リアスピーカーだけを鳴らして、その再生音質を聴いてみると、いやはや、スカスカといいますか、軽い音といいますか、AMラジオ?!っぽい感じといいますか、まぁ、デフォルトはこんなものかなぁ〜というのが正直な感想です。

ということで、いよいよ交換作業開始です!

まずは、リアドアの内側のパネルをはずして、次に純正スピーカーをはずし、さらにその土台となっていたプラスチック製のインナーバッフルもはずします。案外、楽勝です♪

で、スピーカーを取り付ける前に、脱脂剤をリアドアの裏側に吹き付けて、しっかり脱脂をしてからスピーカ背面制振吸音材のスポンジを貼り付けます。

その後、メタルダイキャスト製パイオニア carrozzeriaの「UD-K616」インナーバッフルを取り付け、その土台にFocal(フォーカル)「IC PSA 165(2同軸スピーカー✕2)」を固定。そして、スピーカー周囲に防音テープを貼り、音楽を流しながら振動する箇所を確認しながら、アルミシート製の制振材をドアの裏側に貼り付けていきます。

無事、デッドニングも完了したら、内側パネルを取り付けて、作業終了です!

さぁ、すべてのスピーカー(6スピーカー)をFocal(フォーカル)のスピーカーに交換してみての再生音はどう変わったのでしょうか?!

正直、それほど期待はしていなかった(それでも交換したという安心感のようなものはあります)のですが、いやいや、どうしてどうして、その効果は個人的には絶大!!と思えるほどの変化に大変満足しています♪

まず、それまでは、フロントから音楽が流れているといった感覚が強かったのですが、リアスピーカーを替えてみると、音が立体的に鳴っているように聴こえるようになりました!

そして、デッドニング効果?!なのか引き締まった低音と、解像度が上がったのか、より、一音一音の音の輪郭がハッキリと聴き取れるようになりました♪

いやぁ〜、ホント、いい感じです♪

替えてよかった♪

車に乗る時間が増えたので、こうしてドライブの楽しみがまたひとつ増したことに大満足です!!

FOCAL INSIDE
パーソン

I’m so satisfied!

ニコラス

You are looking so excited!

ダブ

Boo!Boo!Boo!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる