★ ギターサウンド炸裂!斉藤和義、新曲『Boy』feat.浦沢直樹

先月、斉藤和義さんのニューアルバム『55 STONES』からのリードトラックが、デジタルシングルとして配信開始されたタイミングで、YouTubeでもMVの配信がスタートしました。

斉藤和義さんならではのギターサウンドが堪能できるシンプルでストレートな痛快サウンドがたまりません!

そして、注目は、MVに、あの、「YAWARA!」「MONSTAS」をはじめ、数々のヒット作を放つ漫画家の浦沢直樹さんをフィーチャーしているんです!スゴイ!

楽曲に呼応するように、シンプルで躍動感あふれる作画は流石!のひと言です♪

斉藤和義 – Boy [Music Video]

浦沢直樹さんといえば、もう数年前の話になりますが、恵比寿にあった、DENON &マランツのショールーム兼試聴室だったところで、ちょっとしたトークショー&ライヴが開催されるということで、お邪魔したことがあります。

浦沢直樹さん@恵比寿

会場には、あの「20世紀少年」のマスクやポスターのほか、浦沢直樹さん愛用のものか、あるいは映画で唐沢さんが使用していたギターなどが展示されていて、ファンならずとも、思わずワクワクしてしまいます。

浦沢直樹さん愛用ギター?!

生で「Bob Lennon」が聴けたのは、サイコーでした♪

「Bob Lennon」歌詞

浦沢さんもノリノリな感じで、巨匠とは思えないくらいのフレンドリーな人柄の方でした。

斉藤和義さんと浦沢直樹さん、お二人ともギター愛好家繋がりということなんでしょうか。

素晴らしいコラボですよね♪

そういえば、斉藤和義さんと言えば、Gibsonアコースティックギター愛好家としても有名で、確か、Gibson斉藤和義モデルがリリースされていたように記憶しています。

斉藤さんがGibsonの製造工場を訪れた際の写真を何かで見たような・・・。

ちなみに個人的にはMartinのギターを所有しています。

My Martin Guitar

GibsonのJ-45か、MartinのD-28か、どちらも両メーカーを代表するロングセラー器ですが、力強いサウンドがロックに合うJ-45も魅力的ですが、アコースティックギターとしての柔らかくより美しい響きが印象的なD-28は、とても惹かれます♪

エド・シーランさんの影響⁉︎で、小ぶりなアコースティックギターが、欲しいと思っていたので、Martinアコースティックギターを選びました♪

斉藤和義さんやエド・シーランさんのようには弾けませんが、週末、気が向けば、ポロンポロンと弾きながら、その音色を楽しんだりしています。

それにしても、斉藤和義さんの新曲『Boy』、ドライビングミュージックとしても最高の一曲です!

また、いい音楽に出会えました♪

パーソン

I love guitar sound!

ニコラス

It’s good!

ダブ

Boo!Boo!Boo!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる