★ 驚愕の音質!ノラ・ジョーンズの名盤『 come away with me 』MQA-CD×UHQCDハイレゾCD試聴レビュー★

本日、2020年9月2日、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンから「ハイレゾCD ジャズ名盤シリーズ」全25タイトルがリリースされました!

その中で、今回、2タイトルのアルバムを予約していました♪

その1枚が名門ブルーノートからリリースされたノラ・ジョーンズの記念すべきデビュー・アルバムにして歴史的名盤となった『 come away with me 』です♪

Norah Jones – Don’t Know Why

このアルバムに関しては、これまで様々なフォーマット(パッケージ)で発売されてきましたが、
個人的には、まず、アナログ・レコード盤に関しては、その高音質で国内外の音楽愛好家からも高い評価を受けているアメリカ、アナログ・プロダクションズがリリースしている
33回転200g重量盤を愛聴しています。やはり、アナログで聴く『 come away with me 』は最高です!!

そして、CDに関しては、同じくアナログ・プロダクションズからリリースされたSACD(Hybrid)盤と国内盤のSACD(Hybrid)盤を所有しています。
音質傾向としては似てはいますが、アナログ・プロダクションズ盤のほうがアナログ寄りの音質で、国内盤のほうは、わずかに鮮明な感じがします。

ハイレゾ音源に関しては、24bit/192kHzWAVファイルを購入。外出時にはポータブルで、こちらを聴いています♪

そして、今回リリースされたMQA-CD×UHQCD盤の『 come away with me 』。

実はこれまでにも、ジャズだけではなく、ロックやクラシックの名盤を何枚か、MQA-CD×UHQCD盤を購入しているのですが、どれも期待以上のサウンドで愉しませてくれています。

なので、当然!?今回の「ハイレゾCD ジャズ名盤シリーズ」にも期待が高まります♪

そして、昨日、予約しておいた2枚のうちの1枚が手元に届いたので、早速試聴してみることにしました♪

まず、パッケージに関しては、ごく普通のプラケースに入った仕様になっていて、こちらは個人的には好感が持てます。

ちなみに今回の音源ですが、パッケージには「米国オリジナル・マスターを基にした2012年DSDマスターを352.8kHz/24bitに変換して収録」と記載されています。

そして、盤の表面は、同社のシングルレイヤーSACDなどの高音質CDシリーズではすっかりお馴染みとなったグリーン仕様になっています。

ちなみに比較試聴した音源は、国内盤のSACD(Hybrid)盤です。

国内盤のSACD(Hybrid)盤の音質はもう随分と聴き慣れたものなので、確認のため、先に再生した後、今回のMQA-CD×UHQCDハイレゾCDを再生♪

まず、すぐ気がつくのが、その音圧です。

一聴すると、普段から聴き馴染みのある国内盤SACD(Hybrid)盤の方が明らかに音圧が高く、ボリュウムを固定して聴くと、一瞬、「あれ?!国内盤SACD(Hybrid)盤の方が良くない?!」と感じてしまうのですが、MQA-CD×UHQCDハイレゾCD再生時のボリュームを上げると、マジでビックリ!!衝撃的と言っても過言ではありません!!

まるで、オーディオシステムを数段レベルアップした時に感じる驚きにも似ているかもしれません。とにかく鮮度が全然違います!

極端なことを言うと、全く別のアルバムを聴いているかのようでもあります。

これまで国内盤SACD(Hybrid)盤アナログ・プロダクションズSACD(Hybrid)盤を聴いていると、「この豊かに響く低音、ノラのヴォーカルの存在感というかリアリティというか、とにかく楽曲そのものも含め、最高じゃん!」なんて、ずっと思っていたのですが、今回、正直、MQA-CD×UHQCDハイレゾCD盤を聴いて、度肝を抜かれました!!とにかく凄い!!

MQA-CD×UHQCDハイレゾCD盤で聴く『 come away with me 』のサウンドが、実は、本当のレコーディング時の音に、より近いものなのではないか、と感じずにはいられません。

各楽器のリアリティあふれる響きやノラのヴォーカルの定位、目の前で歌っているとしか思えない素晴らしい錯覚?!

数年前、オーディオシステムを総入れ替えした時の衝撃を思い出しました・・・・・。

十代の頃から聴き続けてきたお気に入りのアルバムや楽曲が、実は「こんな音が入っていたのか!?こんなに音が重なり合っていたのかぁ!!あれ?!こんな声だったっけ!?」などなど、驚きとワクワクの連続で、何枚もライブラリーからアルバムを引っ張り出しては、次から次へと時間を忘れて聴きまくっていたことを思い出しました。

これまでにもユニバーサル・ミュージック・ジャパンは、シングルレイヤーのSACDSHM-CDなど、高音質をうたったCDを数多くリリースしてきました。

そのたびに、同じタイトルのCDを何枚も購入しては、「えっ?!何が違うの?!何が良いの?!よくわからんなぁ〜!!」なんてことがよくあったので、当初はMQA-CD×UHQCDハイレゾCD盤にも期待していなかったのですが、今までは概ね満足のいくレベルのタイトルが多かったと思います。

さて、今日ももう一枚、予約しておいたお気に入りのアルバムのMQA-CD×UHQCDハイレゾCD盤が届いているはずなので、帰宅後、早速、聴き比べてみたいと思います♬

続きは、また!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる