アラン・ミクリのレンズ交換♬ 〜「快適なドライブをサポート」 J!NS メガネレンズへ!〜

人それぞれ、お洒落の楽しみ方も
いろいろあると思いますが、
普段から服装やTPOに応じて
アイウェアも替えているという人が、
一般的になってきたように感じます。

「J!NS」や「Zoff」、
「OWNDAYS」など、
低価格・高品質・高機能・
豊富なバリエーション展開を
ユーザーメリットに掲げた
アイウェア・ショップが、
幅広い層にすっかり定着・浸透している証
ですね。

自分自身を振り返ってみても、
度付き、度なし、サングラスなどなど、
お気に入りのアイウェア・ブランドが
シーズン毎にリリースする
新作フレームを試着しては、
何本も買っていました・・・。(苦笑)

何でもそうかもしれませんが、
やはり、試しちゃうと、ついつい
ムリしてでも買っちゃいますよね。(笑)

個人的に一番長く愛用しているブランドは、
フランスのAlain Mikliで、
南青山にある路面店や同ブランドも
取り扱っているクレイドルには
何度もお世話になっています。

フレームの生地やカラー、形状、
どれをとっても斬新で大胆!唯一無二!
それでいて、とってもかけ心地が良い!と、
言うことなし!のアイウェアです!

自分にとっては、いつも某かの“POWER”や
“ワクワク感”を与えてくれているアイウェア。
それがアラン・ミクリなのです。

もちろん、フレームだけではなく、
都度、レンズもカラーを入れたり、
度付きにしてみたり、偏光や調光レンズにしてみたり、
と合わせて楽しんでいます。

そして今回、気分転換?!も兼ねて、
そのお気に入りアラン・ミクリのレンズを、
改めて交換してみることにしました♪

もとは、度なしのUV&ブルーライトカット仕様の
クリアレンズを入れていたんですが、
ちょっと色を入れて、人生初!の
遠近両用レンズにしてみようかと・・・。

ただ、とは言え、
アラン・ミクリの正規店やクレイドルでお願いしたら、
間違いなく軽く3万円コースにはなりそうだったので、
ちょっとググって、いろいろ調べてみることにしました。

で、その結果、「J!NS」が一番コスパが
高いのではないかという結論に達し、
早速、最寄りの「J!NS」ショップに連絡してみました。

今回、調べてみて分かったのですが、
低価格フレーム販売がメインのショップでも、
そこのフレームを購入しなくても、
他社のフレーム持込みでレンズ交換OK
なところが増えてる!?ってことでした。

以前なら、フレーム購入前提で、レンズ交換無料!
なんてお店が多かったような気がします。

さて、「J!NS」ショップに電話すると、
他社製フレームの場合、
一部、レンズ交換不可のフレームもあるので、
とりあえず、ショップまで直接フレームを
持ってきてほしいとのことだったので、
とりあえず行ってみることにしました。

結果的には何の問題もなく、
レンズ交換は大丈夫です!とのこと。
(ほっ。)

個人的希望は、
「遠近両用で薄目のカラーレンズ」だったのですが、
お店のスタッフさんにお話を聞いていると、
遠近両用レンズだと、どうしても真ん中の
左右あたりのピントがボヤけるので、
使用するときは、目線を左右に動かすのではなく、
顔ごと左右に動かさないと物が
見えなくなる可能性があるので、
かけ初めは慣れが必要ですよ!とのこと。

というわけで、
人生初となる「遠近両用」は、あえなく断念。
ちなみに「中近両用」もあるそうなのですが、
やはりボヤける部分はあるとのことなので、
ここはキッパリとあきらめることにしました。

ただ、薄目のカラーは絶対入れたい!と思っていたので、
そこは譲れない!ということで、
またまた悩むことに・・・。(苦笑)

と言うのも、
「J!INS」のオプションレンズの種類の多さにビックリ!
させられたからです。これは利用者にとっては、
うれしく、ありがたい選択肢です。

一般的な「カラーレンズ」や「クリアレンズ」はもちろん、
「ドライブレンズ」、「偏光レンズ」、「ゴルフレンズ」、
「ランニングレンズ」、「トレッキングレンズ」、
「調光レンズ」、「くもり止めレンズ」、「遠近レンズ」などなど、
思わず、“どんだけ〜!”と叫びたくなるほどの充実ぶり!

しかも、いずれも¥5,500ほどで
対応してもらえるのです!

さて、最終的にMY“アラン・ミクリ”フレームには、
度付きの「ドライブレンズ」のナイト仕様で
お願いしました。

このナイト仕様は可視光透過率が84%と、
カラーが薄目なので、
夜間のドライブ時にもかけられます。

さらに、紫外線99%カット、撥水コート、
反射防止コート、薄型非球面レンズ、
などの機能も兼ね備えた優れものです。

そして、最終支払額は、
「度付き」が、¥5,500、
「ドライブレンズ」が、¥5,500、
合計¥11,000(税込)
となりました。

もちろん、J!NSのフレームを購入すれば、
「度付き」の¥5,500は無料となるので、
実質的にはフレームを持込んでも、フレームを買っても、
それほど金額は変わりませんが、
自分にとってはお気に入りのフレームじゃなきゃ意味がない!
ってことで、何の問題もありません。

さてさて、出来上がりは一週間後ということで、
指定された日時に取りに行くと、
これが想像以上に大変満足な結果となりました!

レンズの色味は、クリアとほとんど見分けが
つかない程度に薄っすらと入っていて、
これなら昼夜問わず、いつでもかけていられるので、
重宝しそうです。

お気に入りのフレームは
カラダの一部みたいなものですからね。

これからも末永く大切にしていきたいと思います♬

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる