★ 先週末のお楽しみ♫「光石研の東京古着日和VOL.4 サイズがぴったりなんだよ」配信開始!そして、村上RADIO「秋のジャズ大吟醸」オンエア!

先週末の私的お楽しみ♫

その壱:2020年10月24日 土曜日 AM10:00

雑誌、Pen magazine によるオリジナルドラマ第4話「光石研の東京古着日和VOL.4 サイズがぴったりなんだよ」の配信がスタートしました♫

名バイプレーヤーズ?!俳優・光石研さん主演による“物欲”ストーリー・シリーズ最新作です!

光石研の東京古着日和VOL.4 サイズがぴったりなんだよ

TX系列のテレビドラマ「バイプレーヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」にも出演していた光石さんですが、あのときは正直、「なんで光石研さんなんだろう?ほかにもっと名バイプレーヤーはいると思うけど・・・」なんて、とっても失礼なことを思っていたのですが、この「東京古着日和」シリーズでの光石さんを見ていると、「孤独のグルメ」シリーズの主演、松重豊さんのように、ハマり役!って感じがします。ドラマを見ているこちらまでが、あれこれ古着を物色している光石さんのように心が踊り、ワクワクしてきます♫

別段、古着に強い興味があるわけでもないし、ジーンズは大好きですが、リーバイス501は一本も所有していないのに、なんだか一緒にショッピングを楽しんでいるような気分になります♫リプレイしても楽しめる点は「孤独のグルメ」と同じですね。次回作、期待してます!!

先週末の私的お楽しみ♫

その弐:2020年10月25日 日曜日 PM7:00(19:00)

今回で第18回の放送を迎えた、作家、村上春樹さん出演によるラジオ番組村上RADIO秋のジャズ大吟醸」のオンエアです♫

村上春樹さんといえば、やはりジャズ!ですね。事実、村上さんの自宅にあるレコードの割合は、7割がジャズ、2割がクラシック、1割がロック、ポピュラー音楽ということなので。

今回も、その貴重なライブラリーの中から8曲が厳選され、オンエアされました。

流石!厳選された、というだけあって、ラジオから流れるサウンドを聴いているだけで、気分はもうすっかり、ジャズ喫茶の名店にでもいるような心地よさです♫ホント、どの曲も聴きごたえ十分で、時折入る再生レコードの「プチプチ」ノイズ(笑)が、さらにリアリティを演出しています。

まるで、渋谷・道玄坂にある「Jazz Blues Soul Bar」、あるいは京都の「jazz spot YAMATOYA」でコーヒーを飲みながら聴いているような心地よさです。どちらのお店もジャズ・レコードを再生するオーディオへのこだわりが伝わってくる点も、とっても「」なポイントですね♫

さて、今回のオンエアで特に印象に残ったトラックが、村上さんお気に入りのスタン・ゲッツオスカー・ピーターソン・トリオをバックに演奏する「Bronx Blues」、そして、村上さんと同じく、個人的にもジャズの愛聴盤、テナー・サックス奏者のベン・ウェブスターによるアルバム『King Of The Tenors』からの一曲「That’s All」です♫

Bronx Blues
That’s All

どちらも秋の夜長に、しっとりと聴き入ってしまいます♫

ウイスキーを片手に!っていうのも良いかもしれませんが、個人的には、ドーナツをつまみながら、Fire-Kingエキストラヘビーマグ ジェダイに入れたアツアツのコーヒーを飲みながら聴いています♫

聴き逃した方、興味がある方は、radikoアプリ(タイムフリー)で聴いてみてください。きっと、ハマりますよっ♫

パーソン

秋にジャズ♫

ニコラス

ピッタリね♫

ダブ

ブブブー♫

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる