★ 『return to forever』/Chick Coreaと『THE HIGHLIGHTS』/THE WEEKND

アメリカを代表するジャズピアニストのチック・コリアさんといえば、やはりECMレコードから1972年にリリースされた名盤『リターン・トゥ・フォーエヴァー』を思い浮かべます。

このアルバムに収録されている「What Game Shall We Play Today」は、今でもドライビング・ミュージックのマイ・プレイリストのマスト・トラックになっています♬ 週末の気持ちいい午後にはかかせない一曲です♪

ちなみに、コロナ禍の昨年夏、同曲をご本人がセルフカバーされている動画がアップされていたので、昨夜はエンドレスでこの動画を再生していました。

「What Game Shall We Play Today」/Chick Corea

そして、今日はこの曲が収録されているアルバム『return to forever』のレコードをライブラリーから引っ張り出してきて、久しぶりに聴き入ってしまいました♬

今見ても、この“カツオドリ”が写ったジャケットは何ともオシャレで絵になると思います。しばらく、オーディオシステムのターンテーブルの横に飾っておくことにします。

チック・コリアさんへ、

I pray for your soul.

さて、今回、アナログレコードではなく、珍しく?CDをポチってみました。

今月、リリースされたザ・ウィークエンドのベストアルバムとも言える最新アルバム『ザ・ハイライツ』です♪

このアルバムはザ・ウィークエンドのこれまでの10年間を振り返ることができる内容になっていて、内容的にはベストアルバムと言ってもいいと思うのですが、そうは言わず、『ザ・ハイライツ』としたところに、ザ・ウィークエンドの思いが込められているように感じます。

昨年のメガヒットシングル「ブラインディング・ライツ」を含め、全18曲を収録した同アルバムですが、アルバムを通して聴いていてもベストアルバムにありがちな?違和感のようなものは全く感じることはなく、それどころか、やはり、一曲一曲、聴き入ってしまうほどの名曲揃いで、何度もリピートして聴き入ってしまいました♬

「Blinding Lights」/The Weeknd

そう言えば、この「ブラインディング・ライツ」をフィーチャーしたメルセデスのCMも印象的でしたね♬

The new EQC × The Weekend “Blinding Light”

ホント、彼は歌もうまいし、声もいいですよね〜♬ 個人的には生前のマイケル・ジャクソンを彷彿とさせるほどのクオリティだと思います。

そんな彼が出演したスーパーボウルのハーフタイムショウの模様が先週、YouTubeにアップされていました!

The Weeknd’s Super Bowl Halftime Show

そのサウンドは超一級ですが、マイケルのようなダンスパフォーマンスに長けているわけではないので、どのような演出がされているのか興味深く観ていたのですが、いやぁ〜、さすがアメリカ!これぞアメリカ!これぞスーパーボウル!!エンターテイメントの国ですよね、超弩級の演出!

これまで数々のスーパースターが出演してきたスーパーボウルのハーフタイムショウですが、ザ・ウィークエンドのこの映像を観終えて、演出陣のみなさん、ホント、大変だっただろーなーって思ってしまいました・・・。ダンスがキレッキレなわけでもなく、ロックスターのような派手なパフォーマーでもないですしね・・・。でも、音楽はやっぱ、サイコーです♬ 超エモい!!

個人的には、コールドプレイビヨンセブルーノ・マーズが出演したときのハーフタイムショウが大好きです♬

観ているこちらまで陽気になってしまうコールドプレイのヴォーカリスト、クリス・マーティンをはじめ、やはり、ブルーノ・マーズのキレッキレのダンスパフォーマンスは、マイケル・ジャクソン亡き後、一番じゃないかと思っています。彼のこのグルーヴ感は生まれ持ってのものなんでしょうが、いつ観てもスゲーっ!!って魅入ってしまいますぅ〜♪

とは言え、THE WEEKNDって素晴らしい!本人はグラミー賞獲得できなかったことに不満を持っているようですが、そんなの気にしなくってもいいのでは?!と思います、だって、世界中のミュージックラヴァーが、その才能を認めているのですから・・・。

パーソン

I love it!

ニコラス

I like it!

ダブ

Boo!Boo!Boo!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる