★ 「ガパオライス」と『21ブリッジ』と『騙し絵の牙』と♪

昨日は、早朝から目覚めが良い晴天だったからなのか、気分はタイ料理?!って感じ♪

まぁ、振り返れば一週間前、たまたま近所を散歩してると、「あれ?!こんなところにタイ料理のお店ができてるじゃん!」ってことで、お店の前にあったチラシを見ていると、中からスタッフの方が・・・。

思わず「テイクアウトできます?」って聞いてみると、「ハイ!できますよっ!」

ってことで、迷わず「じゃあ、ガパオライス、お願いします!」

「ハイ!あっ!いや、ちょっと待ってくださいね」そう言ってスタッフの方が店内へ。

で、戻ってくるなり「あぁ〜、スミマセン!今、ご飯切らしちゃって、これから炊くところです・・・」

あえなく撃沈・・・。

そんなことがあり、相棒と「なんだか、今日はリベンジって感じじゃない?!」ってことで、近所にタイ料理のお店がないかググってみると、ありました!ありました!また、別の良さげなお店を発見!

思い起こせば、ガパオ食堂もいつ以来行ってないでしょうか・・・。

まぁ、そんなことはさておき、とりあえず、その新規のタイ料理のお店へGO!

たまたまお店に到着したのが、開店直後の時間だったということもあってか、店内にお客さんはまだ誰もいません。

はじめはテイクアウトするつもりだったんですが、そんなこんなで、今なら大丈夫じゃない!ってことで、急遽、お店で早目のランチを摂ることにしました♪

メニューに目を通すと、「いやぁ〜、このメニューなら、是非とも、ディナーで来たいよね!」って感じです。

エビをふんだんに使った各種料理から、牛肉や鳥の炒めもの〜揚げ物、麺類〜スープ系、そしてカレーをはじめ、とにかく、これでもか!っていうくらい、魅力的なメニューで溢れています♪

なんだか、いつしか気分はすっかり井之頭五郎です!

とは言え、今回は何の躊躇もなく、「ガパオライス(バジル豚肉炒めご飯)」をオーダー♪

まだ、お客さんが一組もいなかったせいか、オーダーして5分ほどでお目当ての「ガパオライス」がマイ・テーブルに到着!

見た目はシンプルですが、バジル豚肉炒めのお味が、まぁ、ライスによく合います♪

甘すぎず辛すぎず、それでいてしっかり味がついている・・・・・。まるで京都のお出汁のような、見た目スッキリ系なのに味と風味がしっかりついているような、あの感じ?!

いやぁ〜、メッチャ美味しゅうございます!

気がつけば、ペロッと食べて、コークを一気飲み!

「ごちそうさまでした!」

このお店、リピ確定です!!

料理だけでなく、お店の雰囲気やスタッフのみなさんの接客も素晴らしいと思いました。

さて、食後はしばらくドライブです♪

先月末にオンエアされた村上春樹さんの「村上RADIO」のエアチェック音源を聴きながらの、のんびりドライブです♪

今回のテーマは「Music in MURAKAMI〜村上作品に出てくる音楽〜」ということで、とても楽しみにしていました。

もうずっとラジオは聴いていなかったのですが、第一回の放送から「村上RADIO」は聴き続けています。

やはり、メディア力(りょく)ではなく、コンテンツ力(りょく)なんだよなぁ〜、ってつくづく思います。

で、帰宅後は、Amazonプライム・ビデオで映画二本立て上映会?!です♪

まず、一本目は今は亡きチャドウィック・ボーズマンさん主演による映画『21ブリッジ』です。

チャドウィック・ボーズマン主演『21ブリッジ』予告編

今作では刑事役のチャドウィック・ボーズマンさんでしたが、米大リーグ初の黒人選手に扮した映画『42~世界を変えた男~』同様、やはり、素晴らしい俳優さんですよね。

映画『42~世界を変えた男~』予告編

脚本や演出の重要度は必須ですが、チャドウィック・ボーズマンさんのように、その演技に観るものが、いつのまにか自然に取り込まれていくような役者さんは、本当に貴重な存在です。

そして、もう一本は邦画です。大泉洋さん主演の映画『騙し絵の牙』

映画『騙し絵の牙』【予告編】

いつもの?!飄々とした?!すっとぼけた?!あの大泉洋さんならではの演技がこの映画でも楽しめます。

ただ、今作に限っては、個人的には、リリー・フランキーさんの、すっとぼけた?!飄々とした?!の演技と、ずば抜けた存在感にまたしてもヤラれた!って感じです。

いやぁ〜、リリー・フランキーさんってホント、凄い役者さんだと思います。

あっ!でも、そういえば、リリー・フランキーさん、「おでんくん」は最近、どうしていますか?

個人的には大好きなキャラなんですが・・・・・。

パーソン

Where is Oden-kun?

ニコラス

Who is Oden-kun?

ダブ

Boo!Boo!Boo!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる