新型Mac Book Pro 16インチ用アクセサリー購入レビュー

さて、今回は昨年末購入した
新型 MacBook Pro 16インチ用
アクセサリーについて
レポートしたいと思います♬

以前使っていたMacBook Pro 13インチを
買ったときはなんだかんだ言って、
あれやこれやとアクセサリーを
買い足していってしまったので、
今回はそうならないように
ある程度、厳選?!(苦笑)
しようと思いました・・・。

で、まず、
新型 MacBook Pro 16インチ購入時に
一緒に購入したのが、
Apple純正USB-C-USBアダプタです。

理由は明白ですね。
はい!
これまで使用していた外付けDVDドライブや
ポータブルHDD等を接続するためです。

もちろん、一台でいろいろ繋げられる
USB-Cハブ(DOCK)を買おうかとも
思ったのですが、いくら今どきのDOCKが
小型化されたとは言え、少々かさばるのと、
MacBookに接続したまま、
デスクにそれを置いているというのが
視覚的になんだか許せない(笑)っていうか、
接続するときだけサクッと
コード(線)で繋いでとっとと用を済ませて、
きれいに収納してしまうのがスッキリして
良いと個人的には思うわけであります。(苦笑)

とは言いつつ、まだ舌の根も乾かぬうち?!に
ANKERからリリースされている
USB-C 2-in-1 カードリーダー
購入しました。(苦笑)

言い訳するつもりはありませんが、
それでもUSB-Cハブ(DOCK)を買わずに
単体で、このANKER製
USB-C 2-in-1 カードリーダーを
買って良かったと思っています。
なにせ、とにかくコンパクト!極小!!
Apple純正の USB-C-USBアダプタ同様、
シンプルでスマートに使えると
個人的には満足しています♬

それに、主な用途としては、
愛車のダッシュカム(ドライブレコーダー)の
記録用microSDカードの
データ読取り再生用くらいで、
そんなに頻繁に使うわけではないので、
これで十分!といったところです。

そうそう!忘れていました!
新型 MacBook Pro 16インチ購入時では
なかったのですが、購入後、すぐ買ったのが
本体を収納するソフトケースです。

アップルストアで買おうとも思ったのですが、
純正ケース、特に本皮製?!が
メチャ高だったので、即断念!

で、アマゾンで検索してみたら
良さげなケースを見つけました!
それがMOSISO製のラップトップ用
スリーブケース

カラーは在庫があったグレーにしました。
サイドにジップ付きの収納スペースが
あるので、別途購入のUSB-C-USBアダプタや
カードリーダーも無くすことなく
収納できる点も満足しています。
内側(裏地)もMac本体表面を
傷つきにくくするようなフリース生地が
施されているので安心です。

あっ!最後に(笑)もう一点!
これを忘れてはいけません!!

そうです!マウスです♬

正直、マウスだけはどれにしようか、
少し悩みました。

機能性はもちろんのことですが、
やはりスペースグレイの
新型 MacBook Pro 16インチとの
見た目のマッチング度も
気になるところではあります。

まず、Apple純正の白い(シルバー)
Magic Mouseは見た目的に
マッチしない感じがしたので、
とりあえず却下。

で、そこからあれやこれやと悩んで、
しばし迷走。。。

最終的には本体と合わせるカタチで、
黒い(スペースグレイ
Apple Magic Mouse 2を購入。

みなさんはどうだかわかりませんが、
個人的にはマウスでこの価格ってどうなの?!
と思わず舌打ちしたくなるほどの高額品!!
しかもシルバーと全く同じはずなのに、
カラーが違うだけでスペースグレイの方が
高いなんて!!
車同様、車体色の違いでオプション価格が
異なるのと同じということでしょうか!?(怒)

このマウスだけは買うかどうか、
ちょっと悩みましたが、
よっぽどのことがない限り、
今回はマウスは買い換えない!
っていう前提条件付きで
購入に踏み切りました。(苦笑)

マウスって、実際買って使ってみて、
しっくりこなければ割と安易に
買い替えたりしてましたから。。。

このApple Magic Mouse 2、使ってみての
感想ですが、PCの真横で使っているのに、
割とBluetoothが頻繁に
「接続切れ」を発生させたり、
持った感じのフィット感が乏しかったり、
充電は有線のみで、しかも充電中は使用不可、
おまけに充電中の見た目は亀を
ひっくり返したような不格好さ!?(苦笑)

それでもマウスの表面を指で上下左右に
撫でるだけで操作がアサインできたりと、
純正品ならではの使い勝手の良さ
のようなものは感じますので、
もう少し長い目でみてみることにします。

近い将来、いずれはオール無線化となり、
Mac本体には、もう端子類は一切なくなる
日が来るんでしょうが、
それまでの辛抱なのか、
はたまた、オール無線化となっても
通信速度と転送情報量の向上の度に、
やはり今のように買い替えが
続くんでしょうか。。。

いずれにしても、
今回は納得のお買い物ができて満足です♬

良かった♬ 良かった♬

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる