★ これは超絶オススメ!モンベル「WIC.クール サイクルグローブ」購入レビュー♪

  • URLをコピーしました!

先月、夏に着用するために、モンベルのサイクリング向けサイクルウェア「ペダリングパンツ ライト」と「ペダリングショーツ ライト」を購入したのですが、実は、もともとの目的はサイクリング用グローブを見に行くことでした・・・。

コロナ禍が続く中、夏場のサイクリング時でも使えそうなグローブが欲しいと思っていたからです。ハンドルを直に握ることを避けるだけではなく、サイクリングの途中、コンビニに寄って買い物をしたりすることもあるので、用心?というほどではありませんが、やはり薄手でもグローブがあったほうがいいかなぁ、と思っていました。

で、ググって候補として見つけたのが、ノースフェイスの「フライトトレイルグローブ」とモンベルの「WIC.クール サイクルグローブ」でした。

ノースフェイス「フライトトレイルグローブ」
モンベル「WIC.クール サイクルグローブ」

どちらも実物を手にとって見てみないとわからないので、とりあえず、路面店に行ってみようと考えた次第です♬

ちなみに、ノースフェイスの「フライトトレイルグローブ」はゴアテックスインフィニウムなので、防風効果はバッチリです!手のひら側は合成皮革でグリップ力も良さそうです。さらに手の甲には撥水加工が施されています。そして、指先はタッチスクリーン対応です。

ノースフェイスのグローブの多くは手首の部分が締まっているため、手にはめにくいので敬遠していましたが、この「フライトトレイルグローブ」の画像を見る限り、手首部分が短いので、そういった心配はなさそうかと・・・。

ただ、夏でも使えるような薄手のグローブなのかどうかは実際見てみないとなんとも言えません。価格は税込みで¥7,150です。

一方、モンベルの「WIC.クール サイクルグローブ」は、清涼・速乾素材ウイックロン(R)クールを使用した自転車用グローブで、春から秋の日差しが強い時季にも安心なUVカット効果を備えていると、メーカーの商品説明にあります。

モンベル「WIC.クール サイクルグローブ」商品タグ

こちらも、手のひら部分は合成皮革で、汗拭き用の生地を親指部分に配置し、タッチパネル対応となっています。こちらは夏でも問題なく使えそうです。価格は税込みで¥3,960と、ノースフェイスの「フライトトレイルグローブ」の半額!とまではいきませんが、それでも比較するとかなりリーズナブルです。

モンベル「WIC.クール サイクルグローブ」親指部分

でも、この時点での第一候補はノースフェイスの「フライトトレイルグローブ」でした。

なので、実物を見に行く順番も、先にモンベルに行ってからノースフェイスに行くことにしました。幸い、事前に店頭在庫を確認したところ、どちらも在庫アリとのことでした。

さてさて、まずはモンベルの「WIC.クール サイクルグローブ」から・・・。

カラーはブラック、ネイビー、ライトグレーの3色で、サイズはユニセックス仕様のため、XS、S、M、L、XLの5サイズ展開となっています。

カラーはブラック一択ですが、実際のはめ心地はというと、特に手の甲が、いい意味で予想以上に薄くて、しかも重さを感じないくらいの軽さ。

悪くありません。っていうか、全然いいじゃん!!って感じで、ノースフェイスの「フライトトレイルグローブ」を見るまでもなく、その場でモンベルの「WIC.クール サイクルグローブ」即決でした!www

で、早速、購入したモンベルの「WIC.クール サイクルグローブ」を使ってみたのですが、防風効果があるノースフェイスの「フライトトレイルグローブ」と違って、スカスカで手の甲が風で冷えたりするかなぁ、とも思っていたのですが、そんな心配は必要ありませんでした。

それどころか、手のひらが暑くなってきたら、指の側面がメッシュ地になっているので、ハンドルを握りながら手のひら(指の間隔)をひろげると、そこから風が入ってきて十分なクーリング(ベンチレーション)効果があるので、さすが!サイクルグローブ!ってちょっと感動してしまいました・・・www

モンベル「WIC.クール サイクルグローブ」メッシュ部分

これで、価格が税込みで¥3,960って、コスパ最高です!

もちろん、使用頻度によっては手のひらの合成皮革部分がダメになっていくとは思いますが、その時は、また、このモンベルの「WIC.クール サイクルグローブ」を買い直すと思います♬

そのくらい、気に入っちゃいました。「ペダリングパンツ ライト」と「ペダリングショーツ ライト」ともども、今年の夏は、大活躍してくれそうです。恐るべしモンベル!!凄い!!

パーソン

Get lucky!

ニコラス

Oh yeah!

ダブ

Boo!Boo!Boo!

Spring Will Be a Little Late This Year / Red Garland Trio
『All Kinds of Weather』Red Garland Trio

ホント、レッド・ガーランド・トリオのアルバムってどれを聴いても素晴らしいですよね♫

今年の春は、暖かくなったと思いきや、急に寒くなったりと、なかなか春が訪れた!って実感できなくて困ります・・・。

というわけで?!実は、先日オンエアされた村上春樹さんのラジオ番組「村上RADIO」でも紹介されていたレッド・ガーランド・トリオの1959年リリースのアルバム『All Kinds of Weather』からの一曲です♬

アルバムのタイトルからも分かる通り、収録曲全6曲が様々な天候(季節)をもとに選曲されたコンセプト・アルバムになっているのですが、全く違和感なく、1枚の完成されたアルバムとして楽しめることができる名盤です。

久しぶりにライブラリーから取り出して聴き直してみましたが、やはり、何年経っても、いつ聴いても、いいアルバムです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる