★ スポーツギアの洗剤&撥水剤で知られる「Grangers(グランジャーズ)」を試してみました♪

先日、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)の超定番人気商品のマウンテンパーカー(レインジャケット)、「Climb Light Jacket(クライムライトジャケット)」を購入したわけですが、その最大の特徴である防水耐久性、防風性、透湿性を兼ね備えた「GORE-TEX」のメンテナンスってどうしたらいいんだろう?そもそもメンテナンスって必要なのかなぁ?と思い、ネットでちょっと調べてみました。

で、調べてみてはじめて分かったのですが、あるわ、あるわ、メンテナンス製品が!

今まで、スニーカーを買ったときに、ついでに?!撥水効果のあると言われるスプレーを買って、1,2度、使ってみたくらいでしたから、その数の多さにちょっとビックリしてしまいました。

でも、車やオーディオのメンテナンス製品などは何の迷いもなく、当たり前のように使っているわけですから、アウトドア・ブームの昨今、テントやアウトドア・ギアのケア用品はもちろん、マウンテンパーカー(レインジャケット)などのウェア類やトレッキングシューズなどのケア用品があって然るべき、ですよね。

というわけで、いろいろ調べていた結果、今回は、1937年にイギリスで生まれた、歴史あるブランド「Grangers(グランジャーズ)」の数あるラインナップの中から、ダウン専用クリーナー(洗濯機投入タイプ)の「ダウン ウォッシュ コンセントレート 300ml」と、ウェア専用クリーナー(洗濯機投入タイプ)の「パフォーマンス ウォッシュ コンセントレート 300ml」と、ウェア撥水剤(洗濯機投入タイプ)の「クロージング リペル 300ml」の3本を購入して試してみることにしました♪

日本での正規品の販売価格はいずれも¥1,540(税込)と、単なる洗剤、クリーナーとして考えると安くはないと思いますが、それなりの効果が得られれば、決して高くはないかもしれません・・・。

とはいえ、そこは海外製品?!しかもはじめて使うものなので、万が一、何か問題が起こってもあきらめがつくような使い古したウェアで、テストも兼ねて試してみることにしました。

まず最初に試してみたのが、ダウン専用クリーナー(洗濯機投入タイプ)の「ダウン ウォッシュ コンセントレート 300ml」です。

ちなみに、今回購入した「グランジャーズ」のメンテナンスケア用品はいずれも洗濯機に直接投入するタイプなので、手間はそんなにかかりません。

また、ボトルのサイズは高さが20cmほどなので、収納に困ることもありません。他の洗剤などと一緒に収納できると思います。

さて、この「ダウン ウォッシュ コンセントレート 300ml」の主な特徴ですが、

1)洗濯機に直接投入するタイプの水性クリーナー。
2)抗菌効果があり、臭いと汚れを落とす。
3)香料などの成分を一切含んでいない。
4)GORE-TEX素材にも使用可能。

これは、メンテナンス結果が楽しみです♪

で、今回、使用するウェアは、薄手のプリマロフト・ダウンジャケットです。

「ダウン ウォッシュ コンセントレート 300ml」の使用量は、ウェア1着に対してキャップ1杯(50ml)、水量20Lとのことなので、1本で6回分ということになります。

液は無色透明で、洗剤によくあるようなトロトロ感はありません。

注意点としては、ボトルから直接キャップにクリーナーを注ぎ終えたとき、ボトルに液が垂れやすくなっているので、気をつけましょう。

洗濯機には洗濯ネットに入れたプリマロフト・ダウンジャケット1枚だけを入れ、あとはキャップで量ったクリーナー液を投入して、スイッチオン!

洗濯後は、日陰干しに。

気になる洗濯後の仕上がり具合ですが、見た目も着てみた感じも、ダウンの膨らみが損なわれることもなく、もちろん、なにかニオイが付いているということもなく、抗菌効果はどうかわかりませんが、まずまずは良いんじゃないでしょうか、という結果でした♪

これならほかのダウンジャケットにも安心して使えそうです。

さて、お次は、ウェア撥水剤(洗濯機投入タイプ)の「クロージング リペル 300ml」のテストです。

こちらの製品の主な特徴は、

1)洗濯機に直接投入するタイプの撥水剤。
2)撥水性を失った生地に撥水加工を施工。
3)有害なフッ素カーボンを含まない、環境に優しいアクリルポリマーを使用。
4)GORE-TEX素材にも使用可能。

と、「ダウン ウォッシュ コンセントレート 300ml」との共通点も見られます。

この「クロージング リペル」には、強力撥水と環境への優しさを両立した、グランジャーズが独自開発したフッ素カーボンを含まない独自の撥水成分「アクリルポリマー」が採用されているそうで、これまでフッ素カーボンを含む撥水剤でしか成し得なかった撥水性と耐久性、透湿性を備えながら、より環境に優しい製品を実現しているとのこと。

で、今回は、GORE-TEX素材に近い素材、「PERTEX SHIELD+(パーテックス・シールドプラス)」を使用したヒステリックグラマーのジャケットで試してみることにしました。

この「クロージング リペル 300ml」使用量は、ウェア2〜3着に対してキャップ3杯(150ml)、水量20Lとのことなので、1着なら約キャップ1.5杯(75ml)くらいでしょうか。そうすると、1本で約4回分ということになります。スプレータイプの類似商品と比べると、ちょっと割高感はあるかもしれません。

ちなみにこの「クロージング リペル」の方は、乳白色の液体で、色味のせいか、わずかに「とろみ」があるようにも感じました。

というわけで、再び、洗濯機に洗濯ネットに入れたヒスのジャケット1枚だけを入れ、あとはキャップで量ったクリーナー液を投入して、スイッチオン!

脱水は3回行い、あとは日陰干しに。

翌日、早速、その撥水効果を試してみると、いやぁ〜、相変わらず、バッチリです!ニオイもありません。まぁ、もともと「PERTEX SHIELD+(パーテックス・シールドプラス)」の撥水効果はなかなかのもので、小雨程度の水量であれば、水玉上の水滴のまま、弾けて転がり落ちていきますし、ゲリラ豪雨ほどの水量に直接あたっても、表面はびしょ濡れっぽくなりますが、内側のウェアには浸水することはほぼありません。

とは言え、今回の結果を見ると、安心して使えそうです。GORE-TEX素材を使用しているノース・フェイスのクライムライトジャケットのメンテナンスにも貢献してくれることでしょう。

スプレータイプのウェア撥水剤のほうが、さらに使いやすいのかもしれませんが、レビューを見ていると、「ニオイが気になる」といった書き込みをいくつかあったので、その点、グランジャーズの「クロージング リペル」では、ニオイの問題はないといっていいレベルだと思います。

オーラスは、ウェア専用クリーナー(洗濯機投入タイプ)の「パフォーマンス ウォッシュ コンセントレート 300ml」といきたいところですが、こちらはまだ試していません・・・。

こちらの製品の主な特徴は、

1)洗濯機に直接投入するタイプの水性クリーナー。
2)防水透湿素材の透湿機能や表地の撥水性を損なわずに洗浄。
3)香料などの成分を一切含んでいない。
4)GORE-TEX素材にも使用可能。

とのこと。

また、使用量は、ウェア2着に対してキャップ1杯(50ml)、水量20Lとのことなので、1着なら約キャップ0.5杯(25ml)くらいでしょうか。そうすると、1本で約12回分ということになります。

近いうちに試して、別途、その結果をアップデートしたいと思います♪

パーソン

Very useful!

ニコラス

Can I borrow them?

ダブ

Boo!Boo!Boo!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる