★ アイリスオーヤマ「コードレス ハンディ クリーナー」買ってみました♪

愛車を運転するときはほぼ、スニーカーを履いています。(というか、普段からスニーカーしか履いていませんが)

そのため?!フロアマットに小石や砂、落ち葉などがよくついてしまったりします・・・・・。

そこで活躍するのがハンディークリーナーです!

まぁ、助手席や後席のフロアマットは、車外に出して、パンパン叩けばだいたいのものは取れたりするので問題ありませんが、運転席のフロアマットはフロアに固定しているので、それをわざわざ叩くために取り外すのは結構手間です。

これまでは、Amazonでポチった3,4千円のハンディークリーナーを使っていたのですが、これがなかなかのクセ者で、充電必要時間が10時間、使用時間が5分程度、しかも充電用の専用スタンドと本体の接触が悪く、充電する度にそのスタンドに本体をゴムで強制固定していました・・・・・(苦笑)

で、肝心の吸引力も・・・・・ 全然、満足できる代物ではありませんでした。

ただ、毎回、乗る度にクリーナーをかけるわけではないので、騙し騙し使い続けていたというわけです。

でも、もういい加減、精神的にも限界!?(苦笑)を感じ、なにか新しい「コードレス ハンディー クリーナー」を購入しようと思い立った次第です。

で、その第一候補としてまず目をつけたのが、ダイソンのハンディークリーナーでした。

やはり、最大のフラストレーションの原因となっていた、吸引力と運転時間を一気に解決できるとすれば、それはダイソンのハンディークリーナーしかないっしょ、と考えたわけです。

家庭用掃除機として定番のダイソンのコードレスクリーナーに比べれば、同社のハンディークリーナーはお安くなっているとはいえ、最安値のハンディークリーナーでも約¥23,000ほどします。

それでもこれまでの不満を一気に解決してくれるのであれば、それもやむを得ず!って気もしたのですが、もう少し購入価格を抑えられて、そこそこ満足できる「コードレス ハンディ クリーナー」はないものかと、いろいろググってみると・・・・・、ありました!ありました!

それが、今回購入したアイリスオーヤマ「コードレス ハンディ クリーナー」だったというわけです。

ネットでのレビューも概ね良好です♪

このアイリスオーヤマ「コードレス ハンディ クリーナー」の販売価格は、約¥7,300ほどなので、ダイソンの1/3程度に抑えられ、サイズもダイソンと比べてスリムで悪くないかも、というのがファーストインプレッションでした。

充電時間も2.5時間ほどで、連続使用時間は、標準で約23分、強でも約15分と、愛車のフロアマット中心に掃除する程度であれば、十分なスペックだと判断しました。

というわけで、ポチった翌日、アイリスオーヤマ「コードレス ハンディ クリーナー」が届きました♪

まず、見た目の印象ですが、サイズは予想通りかなぁ〜って感じですが、重さが500gとありますが、重くは感じません。

で、まずは専用の充電スタンドに本体をセットして、フル充電開始です!

充電中は本体にあるLEDが赤く光り、充電完了すると青に変わります。

いちよう、デフォルトで、ブラシノズルとソファヘッドの2つのアタッチメントが付属しているのですが、メインの用途が愛車のフロアマットの掃除なので、使わないかなぁ〜って感じです。本体だけで十分だと思います。それに、アタッチメントを付け外しも面倒ですし。

さてさて、充電が完了したので、まずは部屋の隅やモノの隙間などを一通り、軽くクリーニングしてみました。

肝心の吸引力は悪くなさそう!って感じです。音も思っていたほど、気になる大きさではありませんでした。

ただ、気になる点が2つ。

まずは、ネットのレビューでも書かれていたことですが、このアイリスオーヤマ「コードレス ハンディ クリーナー」の排気についてです。

サイズ的にも考慮した結果なのでしょうが、空気の排気口が本体左側についています。例えば、手を伸ばして、車のフロアマットなどを掃除する場合はそれほど気にならないかも知れませんが、メーカーの商品説明にある通り、パソコンのキーボードなどを掃除する場合、本体を右手で持って掃除すると、この本体左側についている排気口から出る空気が自分の顔やカラダにモロに当たってしまう感じで、結構気になります。しかも、吸引力を稼ぐためなのか、出てくる空気の勢いもかなりのものです。

そして、もう一点は、メーカーが商品説明でも紹介している「ゴミ捨て簡単」と「丸洗いOK」についてですが、確かに説明どおりではあるのですが、本体内部に小さな紙製?のフィルターが付いていて、それに吸い取ったホコリなどがかなり付着してしまい、さすがにこれも水で丸洗い?!ってわけにはいかないでしょ、と思います。

さらに、毎回、ダストカップを取り外して、丸洗い後、乾かすってことを繰り返すのなら問題ないかも知れませんが,丸洗いが面倒だなぁ〜ってなった場合、静電気が発生しているのか、ダストカップの内側に微細なホコリが張り付いて、これを取るには、別途、ブラシのようなものがいるよなぁ〜、って感じです。ティッシュなどで拭き取るのも手ですが、やはり、静電気のせい?!なのか、バッチリきれいには拭き取れません・・・・・。

後日、アイリスオーヤマ「コードレス ハンディ クリーナー」で、実際に愛車のフロアマットを掃除してみたのですが、吸引力含め、機能や使い勝手は十分満足のいくものでした。

なので、気になる点は無きにしもあらず、ではあるのですが、今のところ、コストパフォーマンス的にもアイリスオーヤマ「コードレス ハンディ クリーナー」に買い替えて正解!だったと思います。

これで、気持ちもスッキリです♪

パーソン

I feel much better now!

ニコラス

That’s great!

ダブ

Boo!Boo!Boo!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

“While my heart is still beating.”

目次
閉じる